満足のいくローコスト住宅を福岡で購入するためには

HOME » ローコストの家を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 安すぎる坪単価には要注意

安すぎる坪単価には要注意

ここでは、ローコスト住宅を建てる際の坪単価についての考え方や注意点について解説しています。

床面積の定義によって坪単価は変わる

床面積の定義によって変わる坪単価

「いまなら坪○○円」といったチラシを見かけることがあります。そこに表示されている坪単価が安いと、低価格で家が購入できるのではないかと考える方もいるかもしれませんが、これには注意が必要です。

そもそも坪単価とは、家を建てるときの1坪当たりの建築費のことで、建物自体の本体価格を、延床面積(坪数)割った数値のことを言います。

例えば延床面積が30坪の家が1,200万円だとすると坪単価は40万円ということになります。ここで注意しなければならないのはハウスメーカーや工務店によっては、坪単価を計算する際に延床面積ではなく、施工床面積を使う場合があるということです。

延床面積にはベランダ、小屋裏収納、地下室、玄関ポーチなどは含まれませんが、施工床面積にはそれらを含んで計算するので、延床面積よりも当然広くなります。坪単価は施工床面積で算出したほうが安くなるのです。

延床面積と施工床面積どちらを採用しているかは会社によってまちまちですので、しっかり確認することが重要です。

建物本体価格以外にも費用がかかる

坪単価とは建物の本体価格を延べ床面積で割ったものであることは、すでに説明した通りですが、実は建物本体の費用だけでは家は建ちません。

それ以外に、電気・ガス・水道などの引き込み工事や地盤改良工事費、外構工事費など別途工事費が必要ですし、ローン手数料・税金・地鎮祭・上棟式費用といった諸費用も考慮に入れなければなりません。また、何か追加で工事を依頼する場合はオプション工事費も発生します。

本体価格(工事費)だけを床面積で割ると坪単価は安くなりますが、それに飛びついて購入を決めてしまうと後々痛い目に会うことになります。

したがって坪単価は住宅購入費用を考える上で、ある程度の目安にはなりますが、実際にかかる費用はそれよりも2~3割増になると考えた方が無難でしょう。

基準が曖昧な坪単価に惑わされずに、あくまで総額いくらかかるかを慎重に検討して購入することをおすすめします。

 
福岡のローコスト住宅メーカー比較ランキング