満足のいくローコスト住宅を福岡で購入するためには

HOME » ローコストの家を建てる前に知っておきたい基礎知識 » さらにコストを下げるテクニック

さらにコストを下げるテクニック

ここではローコスト住宅を建てる際に、さらにコストを抑えて家を安く建てる方法についてそのポイントを紹介しています。

ローコスト住宅・家を安く建てるためのポイント一覧

ローコスト住宅をさらに安くするために

注文住宅の場合は自由な設計ができるのが利点ですが、多くの要望をとりいれて凝った構造にしてしまうとそれだけ工事費もかかってしまいます。

そこで費用をできるだけ抑えるためのポイントをまとめてみました。

  • 家の形をシンプルにして表面積を小さくする
    材料にかかる費用は、材料の価格と表面積に深く関わってきます。家の形はできるだけシンプルで凹凸が少なく、壁の表面積を小さくすることが重要です。屋根も単純な形状の片流れ屋根にするのがよいでしょう。
  • できるだけ間取りをオープンにする
    1つの空間を大きくとることによってコストダウンにつなげます。例えば廊下や玄関ホールなどを無くしたり、不必要な間仕切りを取っ払ってしまいオープンな間取りにすることで、壁やドアの材料費、工事の人件費を減らします。
  • こだわりが無い部分はお金をかけない
    自分の希望通りの間取りが完成し見積りが出てきたら、まず見積書の内容をじっくり確認します。その中で特にこだわりが無い部分は設備のグレードを下げるというのもコストを抑える方法の一つになります。
  • 既成品家具を上手く取り入れる
    造り付け家具を導入すると、現場で寸法を合わせて作るかたちになるので、それだけ工数もかかり費用も高くなります。既成品の家具を利用できそうであれば、そのサイズに合わせた家づくりを考えたほうが安く上がります。
  • 水廻りはまとめた間取りにする
    水廻りとはキッチンや浴室、洗面、トイレなど水を使用する部屋のことです。これらを近接させることは給水や排水などの配管が短くなり、材料費と施工費が少なくて済みます。生活する上での家事動線も短くなり使いやすくなります。
  • 備品は自分たちで揃える
    エアコンや照明、カーテンなどは自分で揃えたほうが安くなる場合があります。何でも安くなるとは限らないので、建築業者とよく相談してどちらで揃えるのがベストなのかよく検討してから決めるようにしましょう。

ここで紹介したコストを下げるためのポイントはあくまで一般的な話になります。下手をするとこちらの単なるワガママになってしまい、かえってコストが高くつくということにもなりかねません。

ローコストで家を建てたいというこちらの希望をしっかり聞いてくれて、それに対して適切なアドバイスをしてくれる工務店やハウスメーカーを選ぶことが最も重要だと言えるでしょう。

 
福岡のローコスト住宅メーカー比較ランキング