満足のいくローコスト住宅を福岡で購入するためには

HOME » ローコストの家を建てる前に知っておきたい基礎知識 » どうやって安くしてるの?

どうやって安くしてるの?

ここではローコスト住宅とはどんなものなのかを説明。また費用を抑えるための仕組みについて解説しています。

ローコスト住宅は企業努力によって成り立つ

ローコスト住宅には明確な定義というものはありませんが、一般的には広さが25~35坪程度で価格が1,000万円台、坪単価にすると20万円~40万円台前半くらいの住宅のことを言います。

長引く不況の中で、何とかマイホームを手に入れて生活の質を高めたいという若い年齢層を中心に、近年ローコスト住宅の需要が高まっています。お金をかければそれ相当の家を手に入れることができますが、お金をかけなくても必要十分な家を建てることが可能になってきているからです。

ローコストと聞くと、費用を抑えるために粗悪で安い材料を使っているのではないかとイメージしがちですがそうではありません。安い建材を使用することで、建てた後すぐに修理費がかかってしまうようではローコスト住宅の意味がありません。

ローコスト住宅は企業努力によって成り立つ

では、どのようにしてローコストを実現しているかというと、企業努力に因るところが大きくなっています。例えば、設備や建材メーカーと直接取引をすることによって中間マージンをカットするとか、大量に仕入れることで資材単価を抑えコストを削減するなどです。

その他に、資材のカットを工場で行ったりパネル生産を導入して工程を短縮する、広告宣伝費にあまりお金をかけず口コミやネット中心にプロモーションする、モデルハウスを持たないなど、効率化を図ったり家を販売するためにかかる余分な費用を削ることで価格に反映させているケースもあります。

したがって、ローコスト住宅だから安い材料で長持ちしないというようなことはありません。必要な部分にはしっかりコストをかけ、無駄を省くことによって品質を落とすことなく長く住み続けることができるのが本当の意味でのローコスト住宅と言えるのです。

 
福岡のローコスト住宅メーカー比較ランキング