満足のいくローコスト住宅を福岡で購入するためには

HOME » ローコストの家を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 施工会社の選び方

施工会社の選び方

ここではハウスメーカー・工務店など、様々あるローコスト住宅の施工会社の中でどこを選ぶのがベストなのかを解説しています。

ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違い

ローコスト住宅を施工する会社は様々ありますが、それぞれの違いや特徴をまとめてみました。

  • ハウスメーカー
    全国に広い営業網を持ち、仕様やデザインを決めて商品化しているのが特長で、住宅展示場やモデルハウスでその内容を確認できます。資材が大量生産されているので品質が安定していて工期が短めなのと、比較的規模が大きいので信用面では安心できます。
    但し、イレギュラーな要求には弱い部分があり、広告費、展示場維持、人件費などが価格に反映されるため、高めの料金設定になる傾向があります。
  • 工務店
    地域密着型で営業しているのが特徴で、家づくりの最初からアフターサービスまで一貫して行なっています。希望や意思が通りやすく、広告・販促費をあまりかけないので、その分価格的には安く済みます。
    構造・工法は様々で基本的には自由設計で施工の制約はありません。少人数で運営されていることが多く、職人さんの顔も見えるので、相談し易いというメリットもあります。
  • 設計事務所
    全てがカスタムメイドで、思い描いているイメージ通りの家づくりができるのが設計事務所の特長です。設計から施工監理まで請け負い、施工は設計事務所や施主の選んだ工務店が行うことになります。
    一軒の家を「作品」ととらえているところも多く、作風は設計事務所によって異なります。しっかりとしたイメージを持っている場合はよいですが、時間が掛かりがちなのと、設計費用が割高になることがあります。

ローコスト住宅を建てるなら工務店がベスト

ローコスト住宅おすすめは工務店

以上のように、施工会社によって様々な特徴がありますが、できるだけ少ない費用で満足のいく家を建てるのであれば工務店を選ぶのがおすすめです。

ハウスメーカーの場合は、品質は安定していますが価格が高めになってしまいますし、設計事務所の場合はこだわりを追求する場合はよいですが、やはり設計費用にお金がかかりローコストという面では向いていないからです。

工務店の場合は規模はそれほど大きくはないですが、自社で施工まで一貫して行なっていること、ローコストであっても要望を聞き入れてくれてそれを家づくりに反映できること、地元密着型でアフターサポートも安心できることなどのメリットが挙げられます。

お金をかけても構わないというのであれば、ハウスメーカーや設計事務所の選択肢もありですが、ローコストという点を重視するのであれば工務店を選ぶのがベストと言えるでしょう。

 
福岡のローコスト住宅メーカー比較ランキング